AKOAKO’s diary

著作家☆西洋占星術研究家☆古代史研究者☆森村あこのブログです♪

✨アンドロメダ(3/20~4/28)生まれの運勢~

 

 

恒星占星術 第二回目は

誕生点が3月20日~4月28日のアンドロメダゾーン

 

 

アンドロメダ座は、秋の大四辺形(ペガススの大四辺形)と呼ばれる

四つの星のひとつであるアンドロメダ座α星をもつ

アンドロメダ座α星は、

かつてペガススの座の一部分であり「ペガスス座δ星」でもありました

二重所属であったこの星は、

1928年の国際天文学連合IAU)総会でアンドロメダ座のみに所属すると決まり、

ペガスス座からは外されたという経緯があるのです

 

そして

アンドロメダ座の最大の特徴は、

中央部の北寄りに「アンドロメダ銀河 (Messier_31)M31」 があり

アンドロメダ銀河(M31)は、地球から約250万光年の距離に位置し、

肉眼で見える最も遠い天体

およそ1兆個の恒星から成る渦巻銀河で、

直径22~26万光年という私たちの天の川銀河(直径8~10万光年)よりも

ずっと大きく、局部銀河群で最大の銀河です

 

かつて、系外銀河のことがよく知られていなかった時代に

銀河は星雲と混同されており、

その名残として現在でも「アンドロメダ星雲」「アンドロメダ大星雲」

と呼ばれることもありますが

正式名称はアンドロメダ銀河 (Messier_31)

 

M31 は肉眼で見ることができ、大きさは満月の約5倍

双眼鏡では、長い楕円形のはっきりした光芒に映るのが特徴です

 

さらに

アンドロメダ銀河は、私たちの天の川銀河に向かって

時速25万マイル(時速約40万キロメートル)の速度で接近しています

約250万光年という長い旅路をかけて約40億年後には天の川銀河に衝突すると

予測されているのです

 

衝突する前に天の川銀河は歪められ、最終的にふたつの銀河の銀河核は融合する

壮大なドラマがこの先まちうけています

その頃には太陽が金星の軌道上に達するほど膨張し、

地球は現在の水星並の灼熱の星となるため

生命は残存していないと示唆されているため

残念ながら見ることは適いませんが、きっと美しい光景を描きだすことでしょう。

 

 

 

 

アンドロメダ座の神話といえば、

アンドロメダ王女と英雄ペルセウス」の物語

 

古代エチオピア王ケフェウスと王妃カシオペアの娘

アンドロメダ王女の辿った数奇な運命がまず思い浮かぶことでしょう

 

ものがたりは王妃の失言によってはじまります

 

アンドロメダ王女の悲運は、王妃があまりの美姫可愛さに、

アンドロメダは、ニンフよりもネレイスよりも美しい..と公言したことが発端となり

これを聞いたネイレスたちの父である海の神は猛烈に激怒して、

大海を司るポセイドンにエチオピアに災害をもたらすように頼み、

それ以来、エチオピアは洪水や津波に見舞われるようになり、

果ては海岸にお化けクジラが出現するようになりました

困り果てたエチオピアの民を見て、慌てたエチオピア王は、

災害を鎮めるための神託を得たところ

アンドロメダ王女を怪物の生贄にせよ」というとんでもない内容が下されたのです

 

王は悩んだ末に、国を守るため苦渋の決断をし、

アンドロメダ王女は丸裸にされて、人身御供として

海岸の岩に鎖で繋がれてしまいます

 

あわやお化けクジラの餌食になろうという直前に、

ヘルメスの空飛ぶサンダルを履いた英雄ペルセウスが通りかかります。

(天馬ペガススに乗っていたという説も)

 

*ここで、ペルセウスの背景を少しのべておきます

 ペルセウスは、ゼウスとアクリシオス王の娘ダナエとの子です。

 アクリシオス王は男の子を得たいと思い神託を求めたところ

娘の子に殺されるであろうといわれ、

娘を青銅の部屋に閉じ込めていました。そんな娘をゼウスは見初めて、黄金の雨となって屋根からダナエに降り注ぎ、交わって生まれたのがペルセウス。ダナエとペルセウスはアクリシオス王から箱に入れられ海に流され、セリポス島へ流れ着く。ダナエを見初めた、島の王ポリュデクテスは、息子のペルセウスが邪魔として、ペルセウスにゴルゴン(メデューサ)の首を取ってくるように命じて、亡き者にしようと企てたのです。

 しかし、彼はアテナとヘルメスの助力を得て、ヘルメスから翼のついた空とぶサンダルを授かり、被れば姿が見えなくなる帽子を入手して、アテナに導かれて、三姉妹に近づき、盾に彼女たちの姿を映しながら、三姉妹のなかで唯一不死ではなかったメデューサの首を斬って持ち帰ります。その岐路の途中で アンドロメダ王女が怪物の餌食にされそうになっているのに遭遇したのです。

 

 ペルセウスは、咄嗟に持っていたメデューサの首を取り出して、

怪物に突きつけました。

見た者すべてを石に変えるというメデューサの目は首だけになっても効果は絶大で、

お化けクジラはたちまちのうちに岩へと姿を化したのです。

 そして、海の神たちの怒りは、ペルセウスの父であるゼウスによって鎮められ、

ペルセウスは、アンドロメダ王女を娶り、故郷ギリシアへと連れ帰ったのでした。

余談ですが、メデューサの首はその後、女神アテナへ捧げられ、

アテナはそれを自身の盾の中央に取り付けたとされています。

 

 

 このアンドロメダ座の神話に登場するアンドロメダペルセウス、ペガサス、クジラ、カシオペアは夜空を仰ぎ見ることで星座として、物語の再現を確認することが可能です。

 

 

そして、

アンドロメダゾーンにお生まれの人には、

このアンドロメダ神話のすべてが内包されています。

 

あなたの人生は、波乱万丈

数奇な運命を辿ったアンドロメダのような理不尽ともいえる

逆境に見舞われるような危機

そして英雄ペルセウスのように、

障害をモノともしないで乗り越え打破していく勇者として

最期はすべてを克服して統合していくことをテーマとして抱いています

 

注意すべきことは、カシオペアのような驕りや慢心は、

招かなくてもいいトラブルの元になりかねないということ..。

他人からの嫉妬や妬みは、あなたにとってはなんの得にもなりません。

 

常に謙虚な気持ちを忘れないでいてください

 

そうすれば、たとえ、どんなに救いのないように思える状況に陥ったとしても

あなたは、信じられないような奇跡的な出来事によって、

救われる強運が備わっていますから

 

本当に絶体絶命のようなどうにもならない状況は

 

あなたにとっては天啓でもあります

 

それまで、どんな生き方をしてきたのか、反省すべきことはないか、

あなたが心の底から内省し、そのなかで揺るぎない意志をもったとき

 

あなたは信じられない奇跡的な状況によって

必ず救い出されます

 

そういう運命を生まれ持っていることを心にとどめおいていてください

 

もっと言えば、あなたは人生のなかで

過去のすべてを脱却して

まったく新しい人生を歩むことを

人生で一度は、人によっては幾度か経験するでしょう

 

振り返ってみたら、きっとあなたにも思い当たる出来事や出会いがあったはず

 

そして、新しい旅立ちは、どんなときもあなたを素晴らしい人生へと導く

きっかけであるということも忘れないでいてください

 

あなたにとっての逆境や試練は、魂を磨くための大きなギフトであり

屈することなく果敢に立ち向かうなかで大成していくプロセスそのものが

あなたにとっての宿命でもあるのです

 

 

 

振り返ることこの数年は、あなたにとっての社会的なポジションや

人生航路のなかで、大きな節目を迎えていました

 

あなたは、それまで築き上げてきたあなたの鎧をかなぐり捨て

新たな道を模索してきたのではないでしょうか

 

先の見えないなか、手探りのように道なき道をたゆまず歩き

あなたらしく在るために

あらゆることにトライして自己鍛錬を重ねてきた人にとっては

 

大きな人生転機が間もなく訪れるでしょう

 

あなたは幾多の困難を潜り抜けて、かつてよりもずいぶん成長していることは

確かですから、自信を持ってまい進してくださいね

 

アンドロメダゾーンの人にとっては、厳しい鍛錬を先にしておくことで

大きな跳躍を可能にするのが特徴です

 

幸と不幸を表裏一体とするならば、不幸という名の不遇の先取りをすることは

アンドロメダが不遇の後に新天地へ誘われたように

 

あなたの望む

本当の人生をはじめることが可能になるからです

 

そして完璧でなくとも、いま!と思うときは心の声に従って

 

あなたの内には

英雄ペルセウスのような勇敢な気質も秘められているのです

ここぞというときには、なんの準備すら整っていなくとも、旅立ってください

 

あなたの人生の旅路は、

とてもユニークで波乱に満ちたスペクタクルなスペクトルのように

ドン底も天辺もみんな経験しても

さらなるチャレンジへと旅立っていく

とてもドラマチックな道のりは いつかあなたの糧となり

そして発光体のようにあなたの人生そのものを光輝かせてゆくことでしょう

 

今年は追い風が吹いています

ずっとあたためてきたこと、道半ばでとん挫していたことが

時期がきて孵化していくように、啐啄を迎え

 

新たなステージで新しいあなたとして始動するはず

振り返ることなく 理想と希望を胸に羽ばたいてください

 

いまの世界情勢の混迷は、あなたにとってはむしろ

大きなチャンスとなるに違いありません

 

 

 

 

 

アンドロメダゾーンのおおまかな説明してきましたが

このゾーン3/20~4/28の

詳細な恒星は

 

3/23 デネブカイトス (別名ディフダ) [くじら座β星]

3/30 アルゲニブ [ペガサス座α星]

4/5  シラー (別名アルファラツ、カプト、アンドロメダ) [アンドロメダ座α星]

4/12 バテンカイトス [くじら座ゼータ星]

4/17 バーテックス (別名グレートネプリ) [アンドロメダ銀河 M31]

4/20 ミラク (別名アンドロメダズ・ガードル) [アンドロメダ座β星]

4/21 ミラ (別名ステラミラ) [くじら座オミクロン]

4/24 シェラタン (別名エル・シェラタイン) [β・アリエティス]

4/28 ハマル (アル・ハマル) [α・アリエティス]

 

↑誕生点に近い恒星が生まれた日にまつわる恒星になります

 吉凶的な影響力や影響する事柄や宿命はそれぞれにあり

 

 詳細は割愛していますが、吉星でもあり凶星にもかわる星もあり

 強運の星、強運のなかでもランクがあり中程度の強運の星もあれば、

 吉凶併せ持つ難易度の高い星などもあり...

 影響力の強い星から弱い星まで

 恒星はバリエーションも76種あるので多様です

 

 

 

 

今後の更新予定は

誕生点

4/29~6/9 プレアデス

6/10~7/20 シリウス

7/21~8/29 アッセライ

8/30~10/20 スピカ

10/21~12/5 アンタレス

12/6~12/30 ラサルハーク

12/31~2/7 デネブ

 

以上で9つの恒星ゾーンのすべてになります

 

 

 

PS : RT&シェアいただきありがとうございます

   

 

 

 

 

✨かぐや様の恋占い

 

 

 

 

かぐや様の恋占い

↑↑↑クリックしてね

 

今日からスタートしました

 

アニメ『かぐや様は告らせたい?』

第二期とのコラボ企画

 

かぐや様の恋占い

 

こういうアニメとのコラボは初めてですが

むっちゃ楽しかったので

アニメ連動のサービスサイト

よかったら

ご覧くださいませ?

 

原作もオススメであります(≧∇≦*)✨   

キャラが可愛いのでしゅ💞💖💖💖👼

ヾ( 〃∇〃)ツ 💖💖💖

 

 

 

 

 

✨アトラス彗星~6124年の時をかけた最期のメッセージ~

アトラス彗星 正式名称は、ATLAS彗星 (C/2019 Y4)

 
 
少し時がたってしまったけれど
8日に天秤座満月をブログにUPした 夜のこと
 
あの日は、なんだか本当に 少しいつもとちがう
なにかわからない ものを感じていた
ぐるぐる...
そして深夜になって
 
これはぜったい おかしい
 
 
 
もしかして、彗星とかきていないか?
と思ったら
 
案の定...アトラス彗星の接近中らった
 
 
アトラス彗星は
最接近は5月31日の予定で
その頃には、月より明るく輝くかもしれないという
 
 
 
そういえば、三月あたま頃に、活動活発とかいわれていたような...
だけど
 
去年は暮れにボリソフ彗星が太陽に接近...この彗星は太陽系の外からで
2017年のオウムアムア以来の2例目といわれていたけれど
 
とくになにも感じなかった
 
けれど 今度の
アトラス彗星は、地球に最接近する
等級も 三等星ほどにはなると書かれている
 
 
だけど、年明けから新型コロナウイルス関連にばかり注視していた
オラは、すっかり忘却の彼方で、
3月のときは、活動活発とかいわれていたけど
 
そんなことよりも、
日本に流入しないように空港の検疫スルーなんとかすべきだとか
 
FB上でも毎日それはもう吠えまくっていたので
 
接近は5月末
 
本当に、まったく意識していなかったのだけど
 
8日の夜
 
あの衝撃は、
 
 
なんていうのか 通常の 自分の思考とは違う
 
まともに書いたら きっとおかしい人認定されるかもしれない
 
本当に.............
言語とか 表現は いままでに認知してきたことでしか
伝えられないから
オラも言語化 できないことのが多くて
たぶん 夜間帯 静かノイズもないから
ダイレクトで 直球できたからなのかもだけど
 
ほんとうに、いつもと違う左右の側頭葉の普段反応なんかしていない場所が
ぴくぴく動いてる感じで
 
なんだこれ...と思いながら
最初にピンときたのは
 
 
 
たしかに
 
いまの 状況は
 
世界の多くが 休止で
インフラ以外止めてるものがおおい
 
ボトルネックインフラ
さらに
 
 
そっちけいの用語?
 
ではなく
 
生物学的なのだと
 
ボトルネック現象(瓶首効果)
 
でもこれは
 
約7万5000年前の
トバ・カタストロフ以降は
 
起きていない
小さいのはあっても
あのトバ事変で
 
地球上の人類が わずか一万人以下になってしまったときにおきた
インドネシアスマトラ島トバ火山の大噴火による
寒冷現象で 多くのホモ・サピエンスの個体減少が
 
その他の生き残った生物の遺伝的浮動(未来に伝わる遺伝子の頻度が変わること)が促されたもので
 
ボトルネックエフェクト」とも呼ばれる
 
こういうのが起きるのは
 
減少がカギだった
 
だけど
 
今度のは違う
 
だけど そういう 遺伝子変異に伴う変化
 
ちなみに
 
ボトルネック現象と同じ原理で、
個体群のごく一部のみが隔離され、
その子孫が繁殖した場合に、同様の集団ができる。
 
このとき環境要因とかで最初に隔離された少数の個体(創始者)の遺伝子型が引き継がれるため、創始者効果と呼ばれる
 
こういう
 
系のことが この世界規模の
未だかつて経験のないのが
 
関わっている
 
そんなの
 
どこのSFよ?って いわれかねないのに
 
しかも
量子力学的には
ああいうのとも 別現象で
 
そんなの 恐竜だって体験していないだよ
っていうすごい激的な...
オラもよわからない 説明できないけど
ただただ すごくて
 その感覚は スっとはいってきた
 
もっと生物学のこと勉強してきてたら
説明できる理論とか なにもしらない
 
減るかどうのとかではなく
 
環境影響とはでも やっぱり大きく関係している
けど
ボリソフ彗星とは
全然質がちがう
 
このアトラス彗星は5月には三等星くらいにまでなって
月より明るくなるいわれてるけど
 
もう今6~7等星くらいのとこらしく
 
すっか忘れていた コロナショックで きっと
ほとんど騒がれもしないかもだけど
 
人間ではない 種でおきるのかも
不明
 
感じ取った
キーワードは
 
クォンタムリープ.... 
量子的変異(通常は量子的飛躍と訳されるけど、変異ってかんじ)
 
そしてファージがどうとか
オラにはわからない
 
監禁ライフでおかしくなったと思われたくないんだけど
(・Д・)??
 
 
 
 
 
ああ、こんなの まともに書いたら心配されるか、
どこかに連れていかれるか
やばい人認定されかねないとか思ったけれど
気になったので
 
SNS上で書いた
すぐに消すかもしれません。 と付け加えて置いたら
同様の 方々がいらっしゃったので
 
もう少し まとめようと思って書いてるとこです
 
 
 
感じ取ったのは8日だったけど
 
いったい何だろう???と思ったら
 
数日前に どうやら核が分裂してしまったらしいのです...
 
えええ!!!!
 
と驚いたのは言うまでもありません
 
じゃあ
あの、、、意味不明なあの影響は、、分裂爆破影響か!!!
 
と思ったら
 
彗星は、情報系
 
その周期が遠いものであるほど、大きな意味をもたらしたりする
 
アトラス彗星の発見は、2019年12月28日
(日本では部分日食)の後で
発見されたので、そのころ、 この彗星は、今度のこの時代異変に
関係あるだろうな...とおぼろげに 思ったのは覚えてる
 
 
そして
このアトラス彗星は、公転周期が6124年と長く、この機会を逃すと地球には二度とやって来ないともいわれていた
 
その彗星が、、接近してくるとともに活動異常なくらい光度をあげて三月あたまは、そういっていたのに
 
中旬はなんか急に活動が鈍った..というニュースがあった
 
 
毎日コロナコロナコロナとコロナ情報にばかり
目がいっていたオラは、どうせ たいしたことないくらいおもって
 
本当に関心をあまり抱いていなかった
 
これまで、期待していた彗星には、いろいろ
予想ほどテイルが延びなかったり 肉眼でまともに観測できたの 1996年の百武彗星くらいで
 
正直、前評判が高いものほど...になるから
 
まぁ 見れたら御の字くらいな感じだったのら
 
その アトラス彗星ちゃんは、
接近前に 核崩壊って
 
その影響としか思えない
 
 
そして、公転周期6124...
 
遡ること6000年前といえば
 
 
歳差による春分点移動(ひと星座を約2140年で移動する)でいうと牡牛座時代
 
地球史の
気候変動でいうと縄文海進(最終氷期の最寒冷期後..約19,000年前からはじまった海面上昇)のピーク期でヒプシサーマル期 
急激な海面上昇。現在より80m低い海面水位が、100年ほどで3m高い水位まで上昇
平均気温も現在より2度高い
海面水準が落ち着いた時代
 
 
人類史上は
メソポタミア南部 シュメール文明の発生 (ウバイド文化)した時代、
 後期には大きな都市国家が芽生え広く交易が行われる
 この時代に楔形文字が発明された
 
 
 気象的に
 冬季の雨季のはじまりが遅くなり、雨季が短くなったことで農耕に利用できる水量が激減し、作物の収穫に影響したことで、水の利用(利権)にしばられる都市形成となる
 そしてこの頃生まれた都市国家のひとつ、
 ウルク(聖書にでてくるワルカ)の巨大化は、水に縛られることになったために生じた(土地に固定された)ともいえる...
 
 
それはさておき、こういうのが生まれていった時期に、アトラス彗星はきてたってことになる
 
 
そのアトラス彗星は、大彗星(オゾンテイルの大きな)はおろか、今後消滅してしまう可能性すら出てきたという
天文ファンのなかでは、
一般の方を含め、みんなが楽しめる彗星としては、残念ながら事実上「終わった」と見ていいでしょう
と書かれていた
 
 
 
だけど、
占星術では、観測上の楽しみではなく、象徴としての象意からすると
 
この彗星は、すでに目的を果たした
 
それも接近中に異常なほど活発化していたなかで
すべてを 放出したのが
先日の核分裂
 
受け取ったものは、大きなメッセージだったと思う
 
 
星も生命も実は誕生よりも終わりに意味があるから...
 
 
なので、
 
ブログをお読みくださっている方々のなかにも
 
もしかして!!!
 
というお心当たりがあられたら
きっと それは アトラス彗星からの最期のメッセージに違いありません
 
 
 
 
PS 本当に、イベント的には 取り上げられていないけれど
  ものすごい情報をもたらしていたと思います
 
 
 
 
 
 

✨天秤座の満月~Stay at home~

 

 

天秤座の満月

 

もう満月時はすこし過ぎてしまってますが

8日の午前11時30過ぎごろがちょうど満月

 

 

満月時の太陽は天頂で天秤座の月は天底でオポジション

 

これって完全に、いまの日本の状態じゃない

と思った

おとなしくお家にいなさい~Stay Home~

ってそれだけ

 

医療や健康問題、労働力、食品生産ほか国防としての軍を表す6ハウスには冥王星木星コンジャンクションこれは、ちょっと気になるところだけど

いやかなり...でも、いまの関心ごとといえば

やはりそこなので、当然か

 

けれどこのコンジャンクション

魚座の水星、海王星と吉角度なのが幸いかも

なんだかんだいって、切り抜けられるとは思うのら

 

 

もっと気になるのは7ハウスの水瓶座の火星、土星コンジャンクション

7ハウスは、協力関係とかパートナーシップを司り、折衝的な外国との関係や交渉、当事国などをあらわす

 

火星に土星か...これに双子座の金星がトライン

なのだけど

天王星がスクエアなのは、気になる

 

火星、土星は、火星がやりたくとも、土星の抑止力が働いて、けっこうめんどくさい

 

オラは、出生図で火星、土星が7ハウス双子座にあるので

わかるよ

この重圧... 外部からかかってくる圧が高いの...

 

よくはたらけば(作用)、極めて自制のきいた....になるけど

本人の意思ではなかったりする

 

それはさておき、

これに天王星スクエアは 火星、土星天王星

マジか! なかなか、キビシイ

 

ビジネスの新規開発とか、新規的なことに向けることで

このエネルギーは使われる

きっと、、そう思う

 

そうなってもらいた

 

 

なんであれ、スクエアはエネルギーある

それが反逆的な それまでのものへ革新をもたらす天王星なのでよけいに

 

牡牛座にある天王星は これまでの質的価値にやはり 変更を与えていると思う

水瓶座は風のサインで知性のエレメントだから合理的

牡牛座は土のサインで物質的価値観のその素材部分だから

 

いままでのブランドメーカーがこぞって

コロナ対応で、医療関係の制作してるのなんか

 

本当にオシャレな高級生地が、いきなり防護服のアルマーニ

ディオールのマスク

 

本当にびっくりだけど

 

新素材とかもどんどん出てくるだろうな

 

良いもの、牡牛座はクオリティ、それも本質的な素材のクオリティにこだわるから

そういう意味で有望

うん

 

 

そして

 

大衆は、最初に書いたけど

 

おとなしくお家にいましょう

 

それが最善です

 

 

でも、これは もちろんライフラインやインフラを保つための職業、のために

行きたくなくても、いろいろ心配があるなかでも

従事してくださってる方々ありきで

 

不要不急に該当する業務の休止 措置は

他を活かすためのもの

 

よく動きがないと不安になる方もいらっしゃるけど

 

動いてるとき、身体をつかって人にあって

なんかやってる、前進してる

そういう気がしてるだけで

実は ループ

ただの 変化のない日常なだけのもの

成長とは関わりないことも多い

 

それは

 

動の本質は、静のなかにあり

静の中の動というのが 本当の動

 

そして

動のなかにある静 それこそが、本来の静の本質

 

この逆転する内包される本質について

 

現代人は忘れがちなので

 

いま 大切なことは

この本質感覚

 

揺れ動き、移ろいやすい 月の感情にはなんの力もなく

それと同化しない限りはただ過ぎ去ってゆくもの

 

牡羊座の太陽は、やはり本質、スピリットを司る

その反射作用のなかで

 

何を感じようとも、たんたんと

風を起こさず ただ感じては消えるなかにある

変わらぬ思いを 大切にして

 

風はそよ風もあれば、嵐や台風というような強風

そしてそうした風は強くなるほど波を起こす

それも大きな波を

 

ひとをすべてをさらうような波にしてはならないのら

 

凪いだ湖面や海面のような

やさしく穏やかであおうとする心には

感情の波は吹き荒れない

 

ということで

おとなしく 監禁軟禁ライフを堪能しましょう

 

 

静のなかにある 動にあなたが気づいたとき

それは 時至りて、必ずや具現化するでしょう

 

その見極めには 十分時間をかけてもかけすぎることはないのだから...

 

きっとあなただけの、あなたの指針、そして方向性

あなたの心には宿っているはずです

 

 

 

 

PS: まるで過越しの祭りのようだと思った天秤座の満月チャート

   そういえば、、、と思ったら

 

今日 

まさに

4月8日は、過ぎ越しの祭り...4月8日~16日にかけて

ペサハと呼ばれる過越

ゆだや教の祝祭だけど

 

その起源は出エジプト記 12章にでてくる

古代エジプトでアビブ(ニサン)の月に起こったとされる出来事に由来する

エジプトの地で奴隷になっていたイスラエルの民が、モーゼの先導でパレスチナの地に脱出した故事を記念したもの

 

↓ 引用は キリスト教系から

約400年に渡ってエジブトの王パロの奴隷であったイスラエルの民が、エジプトから解放される時のこと

当時のエジプトは世界最強の軍隊を持ち、パロを絶対専制君主とする国家であった

その絶大な力を誇るエジプトからイスラエルの民を救い出すために神が取られた方法は、

エジプトの地のすべての初子を打つというさばきで。

神は、父祖の家ごとに傷のない羊をほふり、その血を取り、羊を食べる家々の二本の門柱とかもいに、

それをつけた家々にいる初子は、滅びのわざわいが起らないとしたという。

そして14節、「この日は、あなたがたにとって記念すべき日となる。あなたがたはこれを【主】への祭りとして祝い、代々守るべき永遠のおきてとしてこれを祝わなければならない。」と主が語られました。

 

これがキリスト教系では過越の祭りの起源

 

 

けれどもう少し遡ると

その起源...

この祭事は、元は遊牧民が冬の宿営地から夏の宿営地へと移動する際に行われていた厄除けのための祭事

過越しは後付けなので

まぁ よくある 借用の踏襲例でもあるけど

もう起源よりも、、、宗教色のが強いので

 

夜にその肉を焼き、酵母の入っていないパン(マッツァー)と苦菜(マーロール)を添えて食べる。

生のまま、または煮て食べることは禁止されている

とか、本当に儀礼が違ってしまっているけど

 

細かい意味は割愛させていただく

 

 

いずれにしても、家におとなしくいるのが安全な時期なのら...

 

 

 

 

 

✨木星ー冥王星コンジャンクション


 

4月5日

山羊座木星冥王星コンジャンクションを形成

 

 

木星冥王星コンジャンクションは、

だいたい12年~13年に一度訪れるアスペクトです

 

 

理想や拡大発展の星木星と、祖霊や先祖の象意でもある冥王星の会合は、

冥王星のほうが主導であり、木星はその顕れとしての手先でもあり

 

権力アスペクトとも呼ばれるこの合の時期は、宗教や為政者をうみだす傾向

そして

金権体質の象徴でもあり、ひとつのムーブメントの発露でもあり終焉をあらわします

 

サインによって、現れ方が異なりますから、近年代の会合をふりかえってみますと

 

 

 

 

●1980年10月27日 天秤座でコンジャンクション

 

この年の出来事

1980年 自動車生産台数世界第一位、竹の子族が出現、

    ゲーム&ウオッチやルービックキューブチョロQなど玩具の大流行

    モスクワ五輪(日本をはじめとする西側陣営の約50カ国がボイコット)

 

木星のイングレス  1981年11月蠍座

冥王星のイングレス 1983年11月蠍座

 

 

天秤座での木星冥王星コンジャンクションは、流行を変え、

1986年からはじまるバブル景気を生み出す兆しを生み出した時期にあたります。

バブル(1986年12月~1991年2月)を生み出した時期は冥王星蠍座

まさに金鉱脈や地下資源の象徴の冥王星蠍座時代です。

また、

冥王星蠍座へイングレスした1983年は少年少女の自殺が社会問題化された時代でもあります。

 

 

 

●1993年11月10日 蠍座でのコンジャンクション

この年の出来事

 

1993年 日本でのインターネットのサービス開始(“JNIC”誕生は1991、一般化は1994)、

 皇室会議皇太子徳仁親王と小和田雅子の婚姻が決定

 M 6.6の「能登半島沖地震」発生、 元自由民主党副総裁の金丸信が脱税容疑で逮捕、東京地検、ゼネコン汚職事件で大昭和製紙の斉藤了英名誉会長を逮捕、

12月田中角栄が死去

 

 

蠍座冥王星時代は、1984~1995年、蠍座は支配被支配、死と再生の星座であり、冥王星の支配星座でもあります

神秘主義や、精神世界、ニューエイジなどのムーブメントにも関係しています、そして宗教、それも新興宗教やカルト的な存在です。

多くの組織化も生まれました。蠍座的な中央集権や、集団統率のそれまでにない縛り合いの構築

 

そして、話は戻りますが

木星冥王星コンジャンクションが起きた1993年は、改憲問題、自衛隊法の改正など、防衛計画の見直しが活発化した年です。ただし、蠍座の特性もあり、この時期のものは、まだ水面下で地下活動的....本当に浮上してくるのは、もっと後になってになります。戦後体制への不満の激化なども、戦後トラウマを意識しはじめた段階といったところ...にあたります。

 

 

 

 

木星のイングレス  1994年12月射手座へ

冥王星のイングレス 1995年1月射手座へ

 

 

 

●2006年11月24日 射手座でコンジャンクション

 

この年の出来事

 

2006年 ライブドア事件格差社会、10代から20代を中心として第二次ケータイ小説ブーム、北朝鮮が地下核実験に成功したと発表、ソフトバンクが、携帯電話業界大手のボーダフォンを1兆7500億円で買収、

接触型ICチップが内蔵された新型パスポート「IC旅券」を導入、玄海町九州電力玄海原発での国内初のプルサーマル受け入れを表明、ICカード公衆電話とICテレホンカードが廃止、

ワンセグ」が開始、 村上ファンドインサイダー取引の疑いで村上世彰代表が逮捕、

 住生活基本法が公布・施行、アメリカ合衆国産牛肉の輸入再開、いじめを苦に自殺の増加、

 

 

射手座の木星は、木星のホームである射手座回帰ですから、木星の持つ拡大発展のパワーが最大に活性化されます。

高い理想と高邁な精神など、そして外国を表す射手座の木星は、多くのビジネスを拡張していき、グローバリズムの浸透。

 

 

射手座冥王星時代は、1995~2008年、射手座は上述したほかにも、思想や哲学、宗教や教育、海外を司る、関係の深い星座です。蠍座は、無意識化のエネルギーであるのに対して、射手座は、オープンで外交的な性質であり、集中的で限定的な蠍座と異なり、物事を大きく発展させます。そして、射手座の宗教は宗教イメージや教義そのものと解離したもっと本質的な問題をテーマとされます。キリスト教でいえば、キリストの文言と、キリスト教の主張のあいだにある相反する問題など相容れないことを議論したりするなどです。

冥王星は、死と再生、スクラップ&ビルドの星と呼ばれるように、本質でないものを瓦解させ再構築をはかっていく惑星です。

 

 

 

木星のイングレス  2007年12月 山羊座

冥王星のイングレス 2008年1月26日 山羊座

 

 

2007年 食品表示の偽造、年金記録問題、第一次安倍内閣

     アメリカ合衆国サブプライム住宅ローン危機

     (アメリカの金融バブル崩壊の引き金になった)

2008年9月15日 リーマン・ショック

 

 

 

ざっと、特徴的な出来事と、その後の惑星移動について簡略的にのべてきましたが

 

今日の山羊座での木星冥王星コンジャンクションは、14年ぶり

 

しかも、今回は、直前である先月、冥王星土星の約30年に一度のコンジャンクションを形成して後のもので、トリプルコンジャンクションなど、本当に今年は、山羊座祭りのあと、暮れに木星は、水瓶座へ、土星水瓶座しているため、風のサインでのグレート・コンジャンクションという、200年サイクルのサイン移動と20年サイクルの合致した

 

大きな天体イベントが目白押しです

 

この影響は、今日明日どうのというものではありません。

 

時代異変と変移の象徴のオンパレード

 

木星冥王星は、権力志向であるとは最初のほうで書きましたが

王権の星座である山羊座でのコンジャンクションなので、その顕れも絶大だと思います。

これは、対抗の蟹座である家庭や国家をあらわすもののエネルギーの社会へのあらわれとしても、最終形態でもあります。

 

蟹座の冥王星時代(1914年12月末~1938)は、民族意識、民族懐古などナショナリズムが主軸となった時代です。ナチス政権の台頭や、第二次世界大戦の勃発...大きな戦争の起きた時代でもあります

 

 

そして山羊座冥王星は、この時代の問題の拡大バージョンでもあり、

まさに山羊座の最終を移動していくときに、こうした、まるで戦時下のような問題が発生し

期せずして、ナショナリズム回帰のような状態になっているのも偶然ではないと感じます

 

いま起きている問題は、この後に控える社会変容の切っ先のようなもので

本当に理解されるには、あと数年後の、水瓶座への冥王星移動を待たねばなりません。

 

 

 

これは個人観ですが、本当に長かった、やっと終えられる...冥王星蟹座時代にお国のため(究極的には、家族や郷里のため)に、命を懸けて戦争という名の犠牲となられた英霊の方々

そのときのカルマの解消がいまの 蟹座の対抗にある山羊座

国家のための贄とした、国家のカルマとして、国家体制そのものを揺るがす 世界規模でのこのCOVID-19の問題となっている気がしてなりません

 

個々の問題というよりも、組織として、また集大成としての国家としての責務が問われるなか、

最大の国家権力を揮って 各国がこの問題に取り組んでいる最中ですが、

 

まさに、冥王星木星コンジャンクションの 集大成な感じがしています

 

 

結果はそれぞれでしょうし、はっきりいえば、国家幻想そのものの消失

それは、国家がなくなるという そういう意味ではありません

 

これまで 国家という名のもとにおいて 共有されてきたイメージの喪失、

ようは付加価値のようなものが、瓦解されていく

 

そういう象意です

 

 

国民はいわば、国家の持ち物のような存在で、共依存関係にありますから

どうしたって、従わねばならず巻き込まれます

 

蟹座-山羊座のラインは、個の最小の集団化の家庭や一族、民族を象徴する蟹座と、その社会的な拡大バージョンとしての巨大組織や、巨大システム、国家を象徴しています。

 

どちらも、個ではなく集団化の象徴ですから、個としては単体としての機能を奪われ従属するサインです

 

なんとなくイメージいただけたかと思います

 

こうして眺めると、自主規制はやって当たり前なのですが

日本は違う意味で躾が行き届かなかったのか あるいは、本当に強制されない限り

自粛できないほどマヒしてしまっているのかもですが、

 

欧州は、戦時の時のガイドラインを基にして、ロックダウン以降の統制をはかっているのも

本当に、、、再現のようなものなのです

 

日本は多大の犠牲を出しました

それも、アジアの他国の領域において。。。

 

アジアのCOVID-19の発症状態は 

欧米諸国の

指数関数的な右肩急激上がりのグラフとはまったく異なりなだらかですが

 

あの時代も本当に巻き込みにあった諸国のことを思うと当然なのかもしれない...

日本はまだ未知数ですが、そうとう蔓延していることは否めないと思います

 

ですが強毒化においては、まだ抑える道はあると信じています

 

それに関しては

 

個人的に可能と思われることを 今後配信しようとおもっています

 

必要である方に届くように、ご縁のあった方と共有化をはかり

乗り越えていきたいとおもっています

公開は限定で行う予定なので、

必要である方はFacebookにリクエストください

 

 

 

 

 

 

そして、今後の動きに関して、もっと書こうかと思いましたが

いま書いても ピンとこないかもしれないので

 

このくらいにしておきます。

 

 

こうして書いていても 思ったのですが

本来 日本人はそんな巻き込みにあわずともいいはずなのです

 

なので、被害最小でダメージは少なく...いけると期待したい

 

そうはいっても現実問題は、

今後多くのことが浮上していきます

 

ざっと書いてきましたが

 

いまの主役は国家であり

 

下支えの国民はやれること全部投じて

本当に 協力しあうことが何より大切であると感じています

 

そのうえで、本当にどうしようもない事態というか

終息後に起きてくる 世界情勢や社会問題は

また別次元です

 

 

 

日本の場合

官製バブルの崩壊はもう時間の問題でしょうし、今年ではなくともいずれくるでしょう

水瓶座冥王星が移動するのは2023年ですから

 

誰の目からも わかる急速なパラダイムチェンジは、そのころだと思います

が、それ以前に何度も訪れる、関門は

かなりハードであることは確かです

 

個々の意識をどんなに強く持とうとしても折れそうになるかもしれません

 

まぁ大丈夫だろうと 楽観していますが

それは、もうくるものはどうしたって訪れるという受容の境地からで

抵抗不可のものはしょうがないと感じているからです

 

抵抗が激しいほど 厄介になるそんな側面をなんとなく感じます

 

土星は、社会のルール、規範であり、絶対の存在その支配星座の山羊座での

多くの天体イベントは、本当に近代化以降の文明に

 

根幹から、存在意義そのものを問うている気がします

 

 

個人の人生においては

 

なんか こんな感じです

 

とあっさり言えるものではないので、

 

自己の内なるココロで感じる 理想とする在り方

そしてそのなかでの共同体験について、個を越えたところで最善とはなにかを自問自答するなかで

可能性の模索と、この先を見据えた

人生の在り方について 考える時間をいただいている

 

社会の主軸はいまピークアウトしていくところで

 

そういうときがもっとも力が強いので、弾けるまえの...のように

あまり実感はないかもしれませんが、

 

いまおぼろげでも感じ取っているものは

いずれ具現化します

 

なので、本当に、多くのチャンスが可能性がいま潜在的に訪れてることを

意識していてください

 

 

 

✨火星の水瓶座イングレス~そのほか時事について~

 

そういえば

火星が水瓶座イングレス

 

土星水瓶座に入ったばかりだから

直は コンジャンクション形成するけど、

5月の13日くらいに魚座入りするまで水瓶座滞在...

 

けっこう、いろんな物事が

新規的な導入

そして開発が進む

慣例的なのを嫌い 自由化もすすむ

ただ 水瓶座のサインは情にかけるから

実質的なもの求める....

 

テクノロジー関連は追い風

 

 

 

SNSで書いた下記↓↓

 

景気とか流行を

占星術では木星で見る

昨年12月あたまに木星山羊座入り

今年の12月19日に水瓶座へイングレス、

土星がこの2日前に水瓶座に先乗りしてるから

22日はグレート・コンジャンクション

20年ごとの風のグレコンサイクル約200年ごとにエレメント移動する

あらたな200年のはじまり

 

なので

だいたい3ヶ月まえくらいから

空気感はかわってくるだろうけど

流行もガラリとかわる

もういまの 閉塞ファッションも

なんか80年代か?っていうようなのも

なんとなく 飽きてゆ

 

景気いいときに流行るモノは

傾向があり

射手座?冥王星時代は 総括的には景気よかったのは

射手座は拡大と発展の星座だから

規模もどんどん大きくなっていった

ちなみに射手座♐冥王星は1995年11月11日~2008年11月まで......

リーマンショックのすぐに

冥王星山羊座♑へイングレスした

こういう場合 同時期と見る 最終度数は次影響受けてるから....

冥王星水瓶座までいってくれるのは2023ー2024

 

まだ3年もありゅけど

モードかわるのは 本格的には

そこからだろうとおもう

拡大発展の時期 まぁどんどん大きくなって

山羊座にはいって 調整されてゆ

いま起きてるのもある意味で実態とかけ離れてしまったものが

 強制力で 屋台骨だけにされてる感じ

 

(ノ)•ω•(ヾ)

はぁぁぁー

 

景気の根拠が水瓶座では

かわってしまうので

一気に いまの流行りも廃れるけど

エコはすすむよ

 

無駄を嫌うから

だけど 復古的な温故知新はあり

面白くはなっていく

 

型は山羊座

型破りが水瓶座

 

木星が移動すると

少し先取り感はあじわえる

 

土星水瓶座いったとはいえ

木星くんはまだ山羊座冥王星とガッツリだから

権力者たちの成れの果て舞台を鑑賞中

 

おもちろくないねぇ

だけど なにが最も質的に価値があり

なにを優先すべきかも

水瓶座の課題になってくるから

 

どんどん浮上すりゅ

総決算......

 

地味ムードはまだまだ続くにょら

突き抜けた色彩とか派手なもんが好きな人達に

とっては少々....生きずらいだけど

 

水瓶座では 宇宙服みたいな防護服まで

オサレなのでてくるかもなくらい

素材とか 表現が ((( ;゚Д゚))エッ!?っていうのも

でてくりゅかも

 

 

 

 

●米国の死者数が中国を上回り感染者数激増のnewsについて

 

カルマでいえば...

米は最大級になるとおもう

そして

その事が

建国以来の最大の危機に今後なっていく

可能性は大でもあり

先進諸国の中でも

突出して

社会改革が最初に起きる可能性は高く

場合によっては

本当に その規模も拡大

内紛が無きにしも非ずで

そこまでいかなかったとしても

相当なダメージによって

再構築は2024以降

 

去年から

言ってきたけど

今年の事変は

二度と戻らない 変異であって

 

まだ本当に わかっていない

というより

想像もついていない人達が大半だとおもうけど

 

いままで謳歌した主流で主軸だった社会システム倒壊のはじまりが

なので

 

依存体質の日本

そして 万年ぬるま湯だと信じてきた日本人は

激変していく 世界に

たぶん 驚いていくとおもう

 

わかり易く

ずっと 幕末と明治の以降のようなと

書いてきたけど

 

正確にはあれとも違う

だけど

多くの人達が 徳川幕府がなくなるなんて

想像すらしていなかったとおもう

 

明治が訪れるのを幕末のころ

どれくらいの人たちがイメージできていただろうか

 

そして散切り頭が主流になるなんて

洋装が定着していくなんて

 

思いもよらない変化に

ただ流されていった

 

そして 押し付けられたモノに従っていった

 

今度のメタモルフォーゼ的な

時代変異は

 

押し付けではないということ

 

そこが決定的な違い

 

創発的な社会変化

 

これだけで

勘のいい人たちは

 

どうすべきか おそらく掴めると思う

( ˙꒳​˙ ).。oO

 

いま たくさん書いても意味が無いから

このくらいにちとくけど

 

オラは細かいことは 気にしないので

時流の 転換と そして

今後うまれてくるものを

 

大事におもってるので

時期がくるまで 黙ってることもある

 

 

 

 

 

●最後に今日の首相会見への感想

 

もうわかったよ!

東京の経済のために

 

非常事態宣言出されない

出せない

首都圏 そして日本の構造的に

難しく

通常運行しながら

最大防御ー防衛ーの

国民は 全力で自衛に励めってことでしょう?

 

我が国では 他国のように出来ないんです

ってはっきり言ったらいい

発言しない狡さに 怒りはある

 

もうダメなんだこの国は

ってどこかで思ってきたけど

共依存体の ズブなとくに財界が

ダウンするの防ぎたいだけっていうのは

 

GDPはマイナス成長で

中小や個人営業なんか 内部留保ないとこたくさん

 

補填もできない

日本はハリボテで水増ししてきただけで

実体経済は火の車で

じゃぶじゃぶ刷られた金はみんな どっかに消え

国民には犠牲になれって言ってる

 

先の戦争と同じ

最後の尻拭いもしわ寄せも

みんな国民へ押し付けるって

 

こんなの嫌だったから

初動で止めて欲しかった

 

物事はすべては最初が肝心で

 

思いっきり

エネルギー使わないと跳躍できないように

最初が 曖昧でエネルギー使わないと

発展がないように

そこかでパシッとビシッとした姿勢見せられなかったのも 他国拒否できなかったのも

言いなり外交続けてきた顛末で

 

この期に及んでも 国民を惑わす

 

日本は最初から 守るべきもの 間違えてきた

これを 国民は許容範囲なのか知れないけど

 

もう オラは こんな政治システムは

 

根っこから 叩き直さないと

土台無理

 

後継世代は 放り出される一方になる

 

しっかり乗り越えて

 

国体から

変わってもらわないと

国民に ここまで寄りかかるガバメントなんか

この国だけら???

 

まだ書きたいことあるけど

国政が要らない

 

自主的に自治体は それぞれ

やれることやって補助に互助しあわないと

どの道 やられる

緊急は緊急なんだ

爆発的な 拡大はもう進んでしまった

その裾野を広げないために

 

罹ってない 可能性もない人達は 本当に守っていただきたい

武漢は あれだけのことをして

拡大を止めた

 

通常通りだったために

いま宗主国すごいことになってる

日本は追いかけるように

軽症は 自宅療養で乗り切るように

 

本当は そういうのも 発言すべきなんだ

日本の医療崩壊はすでに目前だから

 

重い症状の方でない人達は自力でがんばれって

 

言うしかないのに

パニック起こさせない 家からださないために

明確に指示したら

さすがに 考えるだろうに

 

不甲斐ない

 

ダメなときこそ

本当は 正直に言うべきなのに

 

言えないのは疚しいからだ

 

こういうのは隠せないんだよ

 

信じたい人達のほうが多いだろうけど

 

国民を見据えての会見1度もなかった

 

その姿勢で わかってたけど

 

叩かなくていいから

正直に 本当に誠実に 日本の生き筋が

それしかないなら

共闘できるように

 

国民の面倒みれないって

いったらいいんだ

 

もうわかりきってりゅんだから

 

 

 

 

 

↑↑以上

今日のSNSでつぶやいたこと

 

もう本当に個々の考えに従って

最善を尽くすのが大事だと思います

 

 

 

 

 

✨Saturn in Aquarius~水瓶座の土星入り~時代が変わる~重要メッセージ~

 

2017年12月20日~山羊座入りしていた土星が22日水瓶座

イングレスしました

一度山羊座に戻るため再度水瓶座入りして滞在するのは

2020年12月17日~2023年3月7日

 

細かい流れは

5月11日に逆行し

7月2日に山羊サインへ戻ったあと、

9月29日に順行へ転じて

再び水瓶座入りするのは

12月17日

 

そしてすぐの

12月22日に水瓶座木星土星のグレートコンジャンクションを形成

 

これが今年の土星のおおまかな動きですが

 

このインパクトは絶大です

 

 

前回水瓶座に滞在していたのは1991年2月7日から1994年1月29日

平成が幕開けたのは1989年なのでバブル崩壊後の日本

そして水瓶座入りする前年の1990年8月はイラクがクエート進行

このときトランシットの天王星山羊座から日本国憲法図(出生図)の

天秤座の海王星にスクエア

原油危機を煽った

 

冥王星は死と再生の惑星で

根本的な改革を二度と戻れないほどの変革を起こすのに対して

天王星は一部改編を示すので、

日本は それまでの供給ラインからアラブ首長国連邦からの輸入へ

シフト

そう、、事なきを得たので実際にはダメージはほとんどなかった

そして、土星水瓶座入りの1991年2月は日本のASCに土星がかかる

ASCは山羊座の最終にある、

そうだから日本国憲法図では1ハウスにしばらく土星は滞在し続ける

 

29年ぶりの水瓶座入り

 

わざわざ29年前のことを引っ張り出したのは、日本国憲法図において、再び出生の獅子座冥王星とトランシット土星オポジションを形成する

 

冥王星へのt土星のハードアスペクトはそれまで築いた地位の信用失墜

 

この時期なにが起きたのかをおさらいしておくのは、憲法改定されていない以上は

いつか来た道

 

日本はこのとき、中東への対応の失敗で海外においての信頼を失った

 

こんどは、SARS-CoV2の感染症、COVID-19への対処と、五輪関連で

世界から信用失墜の可能性は 否めない....

 

大げさにいってるわけじゃなく、煽りたいわけでもない

けれど、、、このままいけば、日本が感染者数をあげないために検査をひかえ

その理由にはパニックや医療崩壊の危機を危惧してのこと

という言い訳は、 世界では通用しないだろうから

 

ASCにかかるトランシットの土星は、生き方の軌道修正で、

放置してきた問題が露呈する

直面せざるを得なくなる、山羊座にあったうちは、山羊座は12ハウスの隠れた宮(日本国憲法図)である以上、表面沙汰にならなくても、

1ハウスは中途半端に放置した問題が悉くあふれ出る

 

それが、この水瓶座土星の期間に日本が向き合わねばらない問題の社会背景

29年前は

湾岸危機というねつ造戦のなか、金だけ出して積極的な海外支援をしなかったことで

糾弾された

バブルも崩壊し、世界のなかの立ち位置の危うさのなかで、日本は受けなくていい非難を浴びた

あの時はそれで済んだけど

今度は、グレートコンジャンクションが...今年の暮れに水瓶座で形成される

200年続いた 土の星座(牡牛座、乙女座、山羊座)での

グレートコンジャンクションの周期を終え

風の星座(双子座、天秤座、水瓶座)での20年に一度のグレコン周期に移行する

最初の年が今年

 

今後の日本に待ち受けるのは、さらに土星魚座入りする2023年

冥王星水瓶座入りする

日本国憲法図では1ハウスにやってくる

いやでも日本は根本的な変容を迎えることになる

その前に 土星は、ホーム(天王星の発見までは水瓶座のルーラー(支配☆)に帰還して

軌道修正をはかっていく

 

 

すべての変化にはなんらかの犠牲や痛みを伴うとはいえ

 

日本だけじゃなく いま世界で起きていることは、

大きな意味では、近代化以降の世界の軌道修正

 

土星占星術では「制限と抑圧」の星とされているけど「責任と自覚」の星でもある

 

日本の場合は急速に自覚へ目覚め セットで制限と抑圧が同時に起きる

これは 成長のためには致し方ないことで遅らせるほど事態が悪化する

 

土星への対応は早いほど傷は浅く痛みはすくない

積極的に対峙しておけば、たいした被害はなくてすむのがセオリー

 

もう日本の場合はいくとこまでいくつもりなのかもだけれど

 

湾岸戦争のとき、バッシングされ続けたのを 同世代なら記憶しているだろう

今度はあれ以上に 凄まじい

冥王星がくる前に

土星が調整をはかっていくのは、ある意味本当に温情だと思う

日本は大事にされているのだ

 

なので、しっかり対応がなされていけば、思ったほどひどくはならない

それは最善コース

できれば、そっちでいってほしい

慎重にやりすぎなくらい 堅実に無謀な策を講じないウソつかないことが

土星対応では必須

 

それは本当に個人にもいえること

 

そして、日本の場合は、日本国憲法図よりも始原図(大日本帝国憲法図)が

深層の日本のチャートでもあるから

大日本帝国憲法図では、国家をあらわす太陽が水瓶座にあり

水瓶座は10ハウス...MCにあたる

ここに土星が来た後に冥王星もくるという意味では、

社会的地位を司る10ハウス

やはり何事もなくはいかないのは明白だけど...

 

始原図はいまも深部で息づいているので 日本の本性はこっちで見るのだ

 

日本は変わっていくよ

社会システムも国家イメージも もう旧態依然のままではいられない

 

先日、無意識からのメッセージを書いた

そのとき、いま起きていることは

かつての 第二次世界大戦の犠牲のうえに現代があるなかで

やはり大きなカルマを負ってきたこと

それは多大な犠牲への贖罪でもあり 生き残った罪悪感もそうとう深い

戦争を知らない 若い人たちにはピンとこないかもしれないけれど

 

昭和のうまれなら なんとなくわかると思う

その無意識に刻まれた エネルギーの相殺が

いま起きてる 現象である

 

というのが無意識からのメッセージで 腑に落ちたのでブログにも書いたけど

これをくぐらねばならない理由は

 

世界が新たなステージへ向かう

真の水瓶座時代という 同一性に至るために

分化したときの傷をもう一度体験している

カタチは違えども、トラウマの克服時にフラッシュバックするような

同位相の現象は 変容のためには避けては通れない

 

それを理解すると

深い意味で 一見衝撃的だけれど

終えていっているものは確かにあること

 

高齢層が危ないのも偶然ではない気がする

彼らは役目を終えて帰還

 

やっと戦後を終えられる

 

そして、もうひとつ、それを利用してきた勢力図も終焉は確実であるということ

 

これ以上は書かなくても..皆まで言わずとも...

最後の幕引きがどうされるかは ともかく

彼らの最期の未届け役は 国民なのだから

 

土星のかつてのホーム回帰は、土星の顕れ方も山羊座での土星とは異なる

山羊座では堅牢でルールの守り手の土星

変革と革命の水瓶座においては、水瓶座の自由と博愛精神を尊重する

公益性にならないことは排除していく

 

まるでぜんぜん役割が違って見える土星になるのは星座の本質が違うから

土星には社会や規範としてのガーディアンの側面と、恒常性を保つという意味での時の守護者としてのガーディアンの側面があり ハウス(環境)がかわるとあり方が変わるように

すでに船首を切り替え これから強制的に規範をかえていくとおもう

 

 

それにしても、、日本のチャートと合わせるとやはりハードには違いないので

本当にこの期間は、これまでと同じ意識でいないほうがいいでしょう

 

そして、風のサインはとにかく早いので変化もそしてその対応もスピードがすべて

 

ここで為されなかったことは、冥王星にあとは任せたとでもいうかのように

水瓶座土星は、ある意味で残すべきものの選別にかかっていくとおもいます

 

取捨選択... 土星の保護マークをつけて

冥王星到来のときおとり潰し免除の免罪符とでもいうかのように

 

早めに訪れるのは、深い意味を感じるのだ

 

木星には気まぐれもあるけれど、土星は現実的な星

現実的な意味あることにしか価値を見出さない

 

逆にいえば、本来価値があることを どこかの都合上で潰されてきたことを

土星は掬い上げる

 

本当に愛情深い星なのだ

 

一見厳しいような軌道修正も長い目でみたら 役立つことでしかない

なので

どんなに不都合なことでも、

利己的な感情や自己中で渡っていい時期ではないということ

 

 

そして、

長いこと 本当は重要なことで多くの役に立つにも関わらず日の目をみないまま

見過ごされてきた活動や発見、そしてもっと古い

かつてのルールや 習慣のなかに

本質的に有意義であるものは

今後 大きく見直されていく流れとなるでしょう

水瓶座の象意には、新機軸的な新しいものの先取り気質とともに復古という意味ももっているためです

 

そして、一番最初に書きましたが

土星は一度山羊座へ里帰りします、なので、7月2日に山羊座にリターンしたあと

再度本格的にやってくるのは12月

なので、本格的な水瓶座土星の本領発揮は、2021年に持ち越されます

 

よく注視していてください

土星山羊座にあるうちは新興にはいたりません

 

社会的な水瓶座土星の影響はこれくらいにして

(世界経済についてとかは、SNSとかでもさんざん書いてきたので割愛した)

もう予測ついてると思うし、必要ならまた追記するです

 

 

 

 

そして

個人の人生のなかでの水瓶座土星とは、今後の流れとは

 

 

今後予想される社会変化のなかで否応なく巻き込まれていく人たちは増大するのは

日本だけではないけれど

 

雇用の解雇やリモートワークなどで、大幅にタイトになる可能性はもう否めない

そうしたなかで

個の在り方、社会との関わり方の 新しい展望は独自性

 

これまでの社会依存はもう極小となっていくため、

ある意味で新たな社会構造の構築とともに、

在り方の模索は必然となってくるでしょう

 

そして、そういうなかで主流は恒久性や恒常性、

搾取構造に加担したり寄りかかるスタイルは、今後どんどん形骸化

廃れていくのは確かなのですから

 

さらに複雑化していくなかで、いかに自己流を貫いていくか

サービスもさらに多様化が見込まれますから

いろんなジャンルを跨るカタチで 独自形成のシステムもうまれてくるでしょう

 

これまでは、

すでにあるプロとタイプの複製がなぜかもてはやされてきました

みんなが認めるものは 価値があるとでもいうかのような

 

グローバル化もその一環でしたが

ないからこそ新たに築く意味がある

価値基準の変容にともない、時代性が激変していくことは確かです

 

逆にいえば、本当は可能性に満ちています

 

それにいち早く気づくことが重要です

 

マネっ子が流行らなくなるというだけでも

ずいぶん、大きな進歩だと思うので

ある意味で これまでの共有価値を捨て去ることも

早くしがらみから抜けるためには、必要な勇気だとおもいます

 

適材適所という言葉があるように残っていくものもあるけれど

価値の創出が本当に盛んになっていくと思うので

 

チャレンジしたいことがある人たちにとっては

先んじておいて正解だとおもいます

 

やればやるほど、道も拓けてくるでしょう

水瓶座は先取りの星座であり、社会へ浸透するのは10年遅いといわえるように

この先の 時流を築いていく礎がこれからぞくぞくと生まれることを思うと

 

本当に希望に満ちてるとおもいます

 

その前に大きな関門を潜り抜けていく

 

歴史の証人がいまのわたしたち

 

本当に凄い時代に生きてることは

きっと大きな意味と役割があることを

どうか忘れないでください

 

水瓶座は、神話では神々から火を盗み人々にもたらしたプロメテウス

文明のはじまりは火を得たことからはじまるように

 

水瓶座は神の叡智とも呼ばれる星座です

 

時代異変にもっとも適した星座でもあるのですから

この変化の流れは、あなたの人生を大きく変えるとともに

 

後戻りできない価値変化をもたらすことでしょう

 

そして、迷いながらもはじめたことは大きな実りをもたらすに違いありません