AKOAKO’s diary

著作家☆西洋占星術研究家☆古代史研究者☆森村あこのブログです♪

あなたの人生はあなたのもの... 誰の犠牲にもならなくていい

 

バチカンが停電から復帰する瞬間 - ニコニコ動画

 

 

バチカン市国の停電で

Twitter陰謀論で 騒いでたので

復活の瞬間の動画をシェアした

 

 

ちょっと停電したくらいで

すごい解釈が 横行したのには

呆れている

そういう

わかりやすい形では

決してこないよ

歴史的事象において

まるで

創作物のように

予想は裏切られる

これは本当に常に

けれども

創作の セオリー同様

「 予想は裏切っても期待は裏切らない」

というので

あって欲しいけど

まぁそうじゃない

日本の政府のように

予想も期待も裏切るという

パターンも当然あるので

そういう気持ちでいることは

大事だとおもう

そして

君主論 」という著作物で有名な

ニッコロ・マキャヴェッリ(1469~1527)

伊のルネサンス期の政治思想家で

フィレンツェ共和国の外交官だった

彼が思想的影響をうけた人物は

プラトンチェーザレ・ボルジア...

 

マキアヴェッリ

理想主義的な思想の強かったルネサンス期に、

政治は宗教・道徳から切り離して考えるべきであるという

現実主義的な政治理論を創始した

 

彼の有名な言葉に

「 民衆は抽象的なことに対しては判断を謝っても、

具体的な形で示されれば正しい判断を下す能力を持つ」

というのが

あるのだが

 

ある一部の

現実感覚から乖離した

異次元的な期待と理想を あたかも現実に起きてるように

想像している

あの大衆は

どこのカテゴリにはいるんだろう

 

マキアヴェッリが生きてたら聞いてみたい

ふと

あの騒いでるのみて思っただよ

 

 

 

このブログを拝読してくださってる方には

あらゆる事象のなかで

あらゆる可能性があるなかで

いろんな見方を体験するなかで

 

物事を多角的にとらえ

 

こうだろうと思っても

さらにひっくり返したり

完全にそれと一体とならないこと

思考を分離することで

感情的な搾取から逃れてもらいたい

 

それは

人生のなかで

 どんな出来事がおきても

たんたんと

結局、乗り越え方っていうのは

感情に左右されないこと

そして

自分から自分を変える気がないとき

人は外から変えてもらうことを漠然と

無意識であれ望んだりする

それって、ほんとは危険なことで

自分には力がない

人生は変えられないっていう

思い込みが根底にあったりする

 

陰謀論はとくに

そういう人たちの受け皿になるから

他の誰かが 粛清してくれるとか

そういう発想がもうナンセンス

誰かがそういうから、そうかもしれないっていう

流され侍にならないように

ただし

なんにでも反抗したり否定するのは

それはまた別の意味で 歪んでいるから

心のなかの 矛盾の解消が先だけど

 

素直に純粋な目で

果たしてそれは真実なのか

 

とおもったとき、

本当に目を向けるべきことから

目をそらすために 娯楽やコンテンツ

あらゆる搾取

それはエネルギーをそうとしらずに奪い取る

そういう仕組みにすぐにさらわれる

気持ちのうえだけで満足して

本当には現実は変わらない

という選択をしてしまっていること

 それが本当に もったいないから

 

前人未踏の偉業を達成した

ユリウス・カエサルの言葉に

「人間ならば誰にでも、現実の全てが見えるわけではない。

多くの人たちは、見たいと欲する現実しか見ていない」

 

というものがあるけれど

このバイアスそのものは

肉体をもってる個人として存在している以上は

誰もがもっているものだけれど

それをさらに俯瞰する

そういう視点が

これからは本当に重要になると思う

なので

だいたい大前提は覆され期待通りにいかにと

上で書いたけれど

それをいい意味で

人生を変える力へ変えてもらいたい

 

そして

既視感のあることは

もう生命力はないから

それを心にとどめておいてください

エネルギーは常にフレッシュで

あなたを駆り立てるものかどうか

クリアになっていく意識を感じられるか

なんでこんなの書いてるんだって感じだけど

これから くる変革は

日本では明治維新以来といわれてるけど

個としては

解放令が発令された1971年(明治4年)以来の

変革で

あの当時も一見すると自由を与えたようで

実質的な差別からの解放ではなかった

中央集権国家を完成させるために

取り組まれただけで

本当に四民平等をめざしたわけじゃない

 

今度のは違う

あなたが受け継いできた

無意識のなかで気づかぬうちに

あなたを抑え込みコントロールしてきた大きな枷が外される

それはあなたが望むなら

自己を超越というのは超人になるわけじゃなく

遺伝子的な見えざる枷と不自由からの解放

これまで 理想的な生き方や

英雄像が求められ支持されたのは

自分はそうはなれなくても

どこかにそういうものがあってほしいという

共依存関係で存在が存在する理由があったけれど

水瓶座時代は

平等の時代といわれるように

カリスマを必要としない

それを無意識のうえで外へ投影するとき

あなたは無力感に打ちのめされている

根底では自分への失望があったりするのです

 

それは正しく健全な心の在り方ではありません

すべてはあなたの内側にある

その真実を実態として自己の内部に感じることは

浮かばれないで埋もれてきた

犠牲をしいられてきた

かつての存在を

先祖の魂をも癒すことでしょう

 

間違いなく

あなたの人生は心が開放され

あらゆる人生の事象において

自分を責めること

無力感をわざわざ味わい艱難辛苦のなかで

腐ることなく

ああいまはしょうがないよ

でも

まぁ そんなこともあるよね

長い人生のなかではさ

っていう気楽さとともに

事象に左右されずに

あなたの流儀で人生を歩んでいく

めのまえに ひらかれた

新しいステージが拓けることで

 

過去の一切にとらわれず

あなたの内なる神聖な願いとともに

ただ歓喜とともに歩むことが可能になるでしょう